銀行系カードローンとは
銀行系カードローンとは、その名のとおり銀行が発行しているキャッシングローンの事を指します。バックボーンが銀行なので大口の融資も可能です。最近ではテレビCMも増えてきました。それだけ今注目を浴びているのでしょう。大手はもちろん、小さな地銀でさえもこのカードローンを始めている銀行が数多くあります。使途は自由です。あなたが急な出費で困ったときの助けとなるのは間違いないでしょう。審査時間も大幅短縮され、最短で30分程度で融資申し込みが完結いたします。後はご自身の指定した口座に入金され、後日ローンカードが送られてくるといったシステムになっています。ローンカードがきたら、後はあなたの使い方次第です。借り入れや返済も融資枠の限度額範囲内なら自由にできるのもメリットでしょう。返済金は毎月一定のリボルビング方式を採用しているところがほとんどです。ただ注意したいのは、いくら大口融資が可能だからといって借りすぎないことです。ほとんどの銀行系カードローンはスライド式リボルビング方式をとっています。使えば使った分だけ月々の返済額も増えたり減ったりするのです。大口の融資を申し込む際には月々はいくら返済に必要なのか借りる前によく確認しましょう。決して借りすぎて借り倒れの無いように気をつけながら賢く使いたいですよね。銀行系カードローンは今新しいキャッシングの手段なのではないでしょうか?あなたもまずは申し込んでみませんか? 個人的におすすめなのはジャパンネット銀行ですね。

 

総量規制対象外
銀行系カードローンの最大のメリットは、総量規制対象外だということです。これはどういうことかといいますと、2010年の貸金法の改正により、総収入の3分の1を超える融資は受けられなくなりました。クレジットカードのキャッシング枠や消費者金融での融資がこれに当てはまります。銀行系カードローンはその総量規制の対象外なので、大口の融資も可能なのです。銀行系カードローンはほとんどのところが銀行の直営ですので対象に当てはまらないのです。銀行系カードローン脳融資限度額は多くのところが500万円までと定めていますが、中には800万円まで融資可能な会社もあるのです。これも総量規制対象外だからできる業なのでしょうか?消費者金融で必ず聞かれる他者になん家にいくら借り入れがあるかという質問は、この総量規制に当てはまってしまうのかどうかを判定するためなのです。もちろん、超えていなければ問題なしで融資決定となるのでしょうが、仮に他社から100万円借り入れがあったとしたら、その人の年収と照らし合わせるのです。そして対象となった場合は融資不決定となってしまうのです。その点、銀行系カードローンは総量規制の対象に当てはまりませんので一定の収入のある方なら70歳を超えない範囲で融資が可能なわけです。もちろん、審査がないわけではありませんが、信用情報機関に照会をかけて問題なければ即融資決定になるでしょう。まずは申込だけでもしてみましょう。

開設までの流れ
では銀行系カードローンの開設方法を見ていきましょう。まずは申込です。インターネットやスマートホン、もしくは無人契約機(一部カードローンが採用しています)から申し込んでいきます。氏名や住所、連絡先などの必要事項と、結果を知るためのメールアドレスなどを入力していきます。そして、お勤めの方は勤務先情報などを書きます。主婦の場合は場合によっては配偶者(夫)の勤務先情報を求められる場合があります。それの入力が終わって送信されたデータを基に、カードローン会社は信用情報機関に照会をかけたり、場合によっては勤務先に在籍確認の電話を入れたりします。もちろんこの電話は個人名でかかってきますので申し込んでいることが分からないようになっています。そしてそれらに問題がなければ、早い会社ですと約30分で審査が終了します。問題がなければ融資決定となり、あなたの指定した口座に融資金が振り込まれる仕組みとなっているのです。問題がある場合はメールもしくは電話にて知らせが来るでしょう。このように、カードローンの申込は非常に簡単です。無人契約機で申し込めば40分もあればカードの発行まで進むことができるのです。後は付属のATMから借り入れをすればいいのです。非常に便利ですね。急な冠婚葬祭が出来てしまったときや友人とのレジャーを楽しみたいときは、まずは申し込んでみたらいかがでしょうか?申込も簡単で即日振り込みも完了するこの銀行系カードローン、使わない手はないですよね。

口座は必要?
銀行系カードローンは、新しく口座を開設する必要はまずほとんどないといっていいでしょう。あなたの指定する口座へ融資金を振り込んでくれるシステムですから。ローンカードが届けば24時間いつでも必要なときに借り入れや返済が出来るようになっているのです。ですので特に口座を開くこともなく融資の申込ができるのです。一部の銀行では口座を開く必要がありますので、お急ぎの場合は口座開設のいらないカードローンを選ぶといいでしょう。返済も、あなたの指定した口座から毎月一定額を引き落とすように設定が出来ます。もちろん必要ないときや返済したいときは24時間いつでもコンビニエンスストアのATMからの返済も可能なのです。これは便利ですよね。また融資増枠の申し込みもインターネット上もしくはスマートホンや携帯電話から簡単に出来ます。24時間受け付けている会社もありますのでよく調べてご自分の使いやすいカードローン会社を選んだほうがいいでしょう。ただし審査や諸手続きは夜中に申し込んだとしても信用情報機関の情報が見られませんので営業時間内になります。口座を開くことなく融資を受けられるこの銀行系カードローン。あなたにとって心強い1枚となることは必至です。ネットローンとの違いはそこにあるといえましょう。ネットローンは口座を開かないと、という銀行も多いのです。口座開設となると時間や手間がかかりますよね。それを省いたのが、この銀行系カードローンなのです。

所得証明が必要なのはどんな場合?
銀行系カードローンの場合、100万円を超える融資を希望される方には所得証明書の提出を必要としています。これはなぜかというと、総量規制の対象外であってもその人の収入に見合った額を見極める判断材料となるからです。カードローン会社によっては200万まで所得証明が不要と謳っている会社もあります。所得証明は役所などで簡単に取得できますので、大口の融資をご希望の方はあらかじめ取得しておくといいでしょう。もし100万円いかなくても、審査の段階で判断材料のひとつとするために所得証明を求められるときがあります。そのときに取りに行っていて即日融資を受けられる時間を超えてしまっては急ぎの場合特に困りますよね。そうならないためにも用意しておくと何かと役に立つでしょう。所得証明は新たな身分証明書代わりとして今着目されているものなのですよ。
このように、銀行系カードローンは大手、地銀に限らず新しいキャッシングローンとして商品の取り扱いを始めています。消費者金融に変わる新たな融資、それがこの銀行系カードローンなのです。ただし借りすぎは禁物ですよ。何事もバランスが肝心なのです。借り倒れの無いよう注意してください。そして賢く使いましょう。あなたの便利なお財布代わりにこの銀行系カードローンは力を発揮してくれると思いますよ。ぜひ一度もう込んでみてください。いざというときの保険的なつもりで、年会費等は一切かかりませんから。

2015/03/28 05:01:28 |
ネットローンのメリットは、全てのことがインターネット上で行えるところです。申し込み方法もいろいろで、例えば外出先で急な出費が必要になったときはインターネット環境があればそこから、ない場合でもスマートホンから簡単に申し込めるのです。これは助かります。そして銀行の営業時間内であれば最短即日であなたの持っている指定の口座に融資金が振り込まれるシステムとなっています。海外出張が急に決まって費用を工面しなくてはならないときなど非常に助かるローンといえましょう。メールアドレスさえきちんと記入しておけば、携帯電話やスマートホンのアドレスにでも審査結果は送られてきます。あなたは結果を待てばいいのです。最短で3...